以前の新聞記事 (Previous Articles)

 

●1998年から1999年のニューヨーク・タイムズとニューヨーク・デイリーニュースの記事から翻訳したものを改めて掲載しておきます。なお転載についてはあらかじめ管理人の許可をとって下さい。

★ニューヨーク市、元職員に50万ドルの賠償金(Nov 23, 1998, Daily News)

ニューヨーク市を構成する5つの区(Borough)のうちの一つ、Staten IslandPresident(区長)であるGuy Molinari氏が、以前彼のアシスタントであったRay Hagemann 氏に訴えられていた件で、ニューヨーク市はHagemann氏に50万ドルを支払うことにしたと報道された。Hagemann氏は、以前、モリナリ区長の秘書を勤めていた。1994年に、区長に予算削減撤回のため陳情に訪れたEd Watkins 氏が、他の区の職員に、人種差別的な言動でもって区のオフィスから連れ出されたのが発端である。ヘイグマン氏は、ワトキンス氏に謝罪したうえで、モリナリ区長に取り次ごうとしたが、かえってモリナリ区長の怒りをかって、解雇された。ヘイグマン氏は、この解雇が不当なものとして市を訴えていた。

Nina Gershon裁判官は、ヘイグマン氏の解雇が、報復によるものだったとして、氏の勝訴判決を下した。市側は控訴しない。

★もうひとつのクリスマスツリー(Nov 23, 1998, Daily News)

ロックフェラーセンター前のクリスマスツリーは世界的に有名だが、今、ニューヨークでは、もうひとつのクリスマスツリーをめぐって活発な論争が起きている。

ジーンズのメーカー、リーバイストラウスは、12月1日の世界エイズ・デーに向けて35フィートの高さのツリーをセントラルパークの真ん中、ウォルマン・リンクのそばにすえつけ、コンドームの飾りを一杯につけようとしている。市側はまだ許可を出していない。

この計画には、カソリック教会が反対意見を出している。リーバイストラウスの製品のボイコットも呼びかける、としている。

★ブロンクスの失業率低下−でもまだNY州では一番高い失業率(Nov 24, 1998, Daily News)

新たに発表された雇用統計によると、ブロンクス(Bronx)での今年10月の失業率は9.8%と、低下した。しかしこれは、NY州全体での失業率5.1%、合衆国全体での失業率4.2%にくらべるとはるかに高い数値である。

昨年10月は11.2%だったので、それに比べると改善している。他の区(Borough)の中ではブルックリン(Brooklyn)9.1%となり、ブロンクスに並ぼうとしている。NY市全体では7.8%であり、1年前の8.9%と比較するとこれも低下している。

NY市の周辺はもっと状況がよい。NY市北側のウェストチェスター郡(Westchester County)では昨年の3.7%と比較して今年は0.7ポイント減少の3.0%である。

ブロンクス区長は、さらに雇用機会を生み出さなくては、とコメントしている。しかし一方で区長は、ブロンクスの状況もかなり改善されてきているとも反論している。「なにしろ、過去は失業率が14%に近づいたこともあったからね。」

一方、ブロンクス経済開発公社のジョー・イシラー氏は、小規模の工場と大規模な商店が増えていると指摘する。しかし、これらの業種での雇用機会の増大も、地域の健康管理、医療関係の業種がだめになっていることで相殺されてしまうとも述べている。そして、さらなる成長のため、中規模の企業を誘致することが必要だと言った。

この公社では200の経済地区の住民に対して、職業訓練を提供している。しかし、この制度も変えられるだろう。氏は、タックス・クレジットによる工場のなかでの職業訓練に切り換えられるべきと述べている。「一番の訓練は、仕事をしながら仕事を覚えることだからね。」

★殺人事件が106丁目に空き部屋をつくる(Nov 25, 1998, The New York Times)

グロリア・デナードさんはジャズ歌手。彼女は30年前に、イースト・ハーレムにジャズとダンスを教える学校を開いた。補助金や寄付によって、106丁目の5階建ての建物を買うことが出来た。1、2階は学校用のフロアにして、残りの階は住宅として貸した。

ところが、1989年に引っ越してきたジェイソン・アダムスさんが、先月殺されてしまった。彼の部屋に2人の若者が押し入り、彼のパソコン、ビデオゲーム、そして現金を奪った。アダムスさんは、学校に通う生徒たちにとってはお兄さんみたいな存在で、映画や公園に、彼らを連れていって面倒をよくみていたのである。彼はのみならず、この建物の前に散らかったたばこの吸い殻や、麻薬のカスを掃除していたし、近所にクリスマスカードを配って、この住居にとてもよい雰囲気を醸し出していた。

彼はよく道ゆく若者に、麻薬は吸うなとか、人の家に勝手に入るなとか注意をしていたのである。道ゆく人はみな彼に手を振っていったものである。

アダムスさんの死は、デナードさんや他の住人にショックを与えた。事件でこわくなって、ご近所にも行けない。彼に替わるようなボランティアを作り出すことはできないのです、とデナードさんは語っている。

人々はデナードさんがここから学校を引き払ってしまうのではないかと考えていた。でも彼女は忙しくてそうすることはできない。むしろデナードさんは、アダムスさんが遣り残したことを仕上げようと決心した。廊下のペンキ塗りとか、郵便箱の取り替えとかである。

デナードさんにはひとつ大切な仕事が残っている。アダムスさんの名誉をたたえる銘板をとりつけることだ。みんなが通りかかるところに取り付け、スポットライトで光を当てようと彼女は計画している。多分、少しの間だろうけれども、みんな立ち止まってくれそうだとデナードさんは考えている。

★突風と栄光の日(Thanksgiving Day Parade(Nov 27, 1998, Daily News)

大雨、暗い空、そしてあれくるう風のために、メイシーズのサンクスギビングデーのパレードは水浸しとなり、群集はびしょぬれ、風船は台無しになってしまった。

4つの大きな風船(スパイダーマンなど)は、9時前に出発した。豚のベイブの風船は、風速30マイルの向かい風によって、たびたび鼻を地面にこすりつけてしまった。

雨が地面に叩き付けるように降り、パレードに参加した自動車はみなヘッドライトを点灯した。参加した人々はみなびしょぬれ。歯の根があわぬほど震えていた。

しかし参加者は意気軒昂。アッパーウェストサイドからヘラルド・スクエアまでの道のりを、元気よく行進した。

「一番大きなパレードですし、バーブラ・ストライザンドが言ったように、雨ごときでパレードを台無しにさせるわけにはいかないのです」とニュージャージー在住のフローレンスさんは語ってくれた。

多くの見物人と参加者は、ごみ袋やなにか見つかるものをレインコートのように身にまきつけた。フランクリン高校のブラスバンド指揮者、ジョン君は、ビニルのポンチョを身に羽織ながら、「準備万端です」と一言。

昨年の悲劇を繰り返すことないよう、今年のパレードには新たな基準が設けられた。昨年は、コントロールがきかなくなった猫の風船が街燈の柱にあたり、飛び散った破片のためにわきで見ていた人が重傷を負ったのである。手に風速計をもった警察官は、もし風速23マイル、そして瞬間最大風速34マイルを超えたら、警告を発するようになっていた。

「われわれは風とたたかい、打ち勝ったのです」とレスリー・カルドナ警察広報官は語った。「風船で怪我する人は一人もいませんでしたからね」

豚のベイブ君はなんとかなったが、猫のガーフィールド君は、西77丁目のアメリカ自然史博物館付近で穴があいてしぼんでしまった。参加者はがっかり。また見物人もがっかりである。6歳のモーリーちゃんは「猫が死んじゃった!」と泣いてしまった。お母さんが「猫はちょっとお昼寝するのよ」と安心させたが...

今年は昨年の事故を繰り返さないように、多くの警察官が風船それぞれにはりつき、もし危険な状況になったらすぐに風船をしぼませるように命令をうけていた。また、多くの引き手がボランティアとして風船をひっぱったが、彼らは事前に何時間もの訓練をうけていた。

「今年のパレードは大成功です」メイシーズの広報担当、ティム・レイさんは言った。「最後尾のサンタクロースがヘラルド・スクエアに到着したときにはお日様が顔を出してくれましたしね」

★ここでお金を使え!(Nov 28, 1998, Daily News)

昨日27日、夜明けから夜まで、買い物客はコンピュータ、ビデオゲーム、そしてこの冬もっとも熱い視線を浴びているおもちゃ、ファービー人形を買いに走りまわった。

サンクスギビングデーの翌日である27日はクリスマス商戦のスタート日である。お店というお店は買い物客でごった返しだ。好調な経済と株価の上昇を反映して、強気な雰囲気が支配している。

ブルックリンにあるメトロテック(Metro Tech)では、朝の売上げは昨年の7%増しだ。200人以上の買い物客はトイザラスの前に朝早くから並んだ。トイざラスは今までで一番早い、午前6時に開店した。みんな、ファービー人形を買いにきたのだ。

この店では、映画「グレムリン」に登場したギズモ君そっくりのファービー人形は、わずか1時間で売りきれとなった。

今年、昨年以上に多くの店で、開店時刻を繰り上げたり、あるいは閉店時刻を繰り下げたりした。「私たちはとても忙しかったですね。多くの店で早朝のお客様に特別割引を実施しました」とは、クイーンズ・センターモールの中にあるレゴ・パーク(Rego Park)の人の談である。

しかし、やはりこの日のスターは、明らかに想像上の生き物であるファービー語と英語両方をしゃべるこのファービー人形であった。この人形のため、買い物客は走り回ることになった。

ヘラルド・スクエアでは、アイルランドからきたエヴリン・レッドモンドさんががっくりとしていた。彼女は、3つの国を回ったが、ファービー人形を買うことが出来なかったのだ。「アイルランドでも、イギリスでもこの人形を買えませんでした。」50歳になるレッドモンドさんは、「もし買えなかったら、4人の孫達はさぞかしがっかりするでしょう。」彼女は大きなショッピング・カートに山盛りにしたおもちゃの前でそう話してくれた。

クイーンズのダグラストンにあるトイざラスでは、マネージャーのラルフ・マニコーンさんが、文句を言っていた。彼の店に入荷したファービー君はわずか12個。あっという間に売り切れた。「私は1億ケースだって欲しいくらいだ!みんなファービーを買いたがっているのだから。」

一方、コンピュータや電化製品の小売店では、安価なパソコンや、CD-ROM、そしてビデオゲームに人気が集中した。家具店では売り上げの大幅な増大をあてこんでいる。スタテンアイランドのモールでは、女性用トイレに約15人が行列して順番を待つほどになった。

「まったくものすごいですね。私は来る日を間違えましたよ。」とは、36歳になるイヴォンヌさんの言葉である。彼女は、39.99ドルの手袋をだんなさんに買うために、ケイ・ビー・トイズ(Kay Bee Toys)の表に行列まちしてきたばかりだったのだ。

サンタクロースと一緒に写真をとるために1時間も待たされて、いらいらした両親とともに、泣き叫ぶ子どもの姿がモール中央で見掛けられた。「子どもたちは泣き叫んでも、親の方がサンタと写真を撮りたいんですよ。」とサンタ係の副マネージャー、ゲイルさん。

一方、警察官はいつもより多くの人数が、職務を帯びてモールのあちこちに繰り出した。「残念なことに、ホリデイ・シーズンは、すりが多くいるんですよ。ですから、みなさん、周りには気をくばり、財布のありかは常に確かめましょうね」と警察広報担当のマリリン・モードさんからの読者へのメッセージである。

★裁判所、条件付きでシティ・ホールでの行進を認める(Dec 1, 1998, The New York Times)

連邦裁判所は昨日、ジュリアーニ市政が一般のCity Hallへ入ることを禁じていることに対する訴訟に関する判決を下した。本日数百人規模のCity Hall前での集会を開催することを判決は認めたが、ホールにある11段の階段に登ることは認めなかった。

この決定は、3人の裁判官によって構成される判事団によって下された。市、主催者側双方にとってある意味では痛み分けの判決となった。市幹部は、「彼らは市役所で集会はできるが、階段には登れない。これは市の勝訴だ。」と語った。

しかし、この主催者Housing WorksAIDSサービスの組織で、市を訴えた団体)は、City Hallの周りに張り巡らされたコンクリートの障壁の中に入れることになったのは、われわれの勝訴のあかし、と表明した。そして、もし一歩でも階段に足をおくことができたら、完全な勝利であるとも語った。

なお判決では、なぜホール前の階段に足を踏み入れてはならないのか、その理由は明らかにされていない。

★ジュリアーニ市長、ごみ処分計画で州境の緊張に火をつける(Dec 3, 1998, The New York Times)

 ジュリアーニ市長は、昨日、市内のほとんどの住民から出るごみを、ニュージャージ州に運び込んで処理する計画を高らかに発表した。しかし、この喜びも、政治的な根回しのちょっとした手違いで、すぐにかき消されることとなった。なんと、この計画は、昨日の朝までニュージャージー側には伝えられていなかったのである。しかも、単なる概略だけが知らされたにとどまったのである。

ジュリアーニ市長は同時に、彼の政権が最も大変な課題となる、100万トンものごみ処理問題について、必ず解決しうるものと誇り高く宣言した。しかし、ニュージャージー州知事のクリスティン・トッドマンは、ニュースリリースで、「ニューヨークのこの計画は、破り捨ててしまえ。(Drop dead.)」と言ったと伝えられている。

「ニューヨーク市のこの提案は、ニュージャージー州の住民の生活の質(quality of life)に対する脅威となる。とりわけ、ハドソン、ユニオン、エセックス、ミドルエセックスの住民にとっては脅威である。」とホイットマン知事は語った。知事は同時に、この計画を阻止するためにはいかなる手段も辞さない、と語ってもいる。

ニューヨーク市にとっては、とても大変な賭けとなってしまった。世界で一番大きな埋立処分場、Fresh Kills(写真参照)は2001年の末に閉鎖されてしまうことになっている。ジュリアーニ市長は、連邦環境庁が、いつでもこの処分場を閉鎖することができること、そしてそうなった場合、大変な危機を招くことを危惧している。

市の計画によれば、毎日5900トンのごみをマンハッタン、クイーンズから、民間業者と契約して築くニューアーク(New Ark)とカートレト(Carteret)の(いずれもニュージャージー州の地名)処分場に運ぶことになっている。そして、その運び出しのために、ブルックリンのレッド・フック港に新たな積み出し場を建設することになっている。このブルックリンの新施設は、毎日3900トンのごみを圧縮し、船で積み出すことができるようになっている。

★セキュリティとデモクラシーの対決(Dec 8, 1998, Daily News)

今や、シティ・ホール前広場は人っ子一人いない、さびれた場所となってしまった。ごくわずかな警察官が市長用の装甲車のそばに立っているだけだ。あと、2人だけがホール前の階段に立ち、雑談をしている。

少し年輩の男性が、広場を横切ろうとして、張り巡らされたコンクリートのバリケードの後ろで滑った。彼は、階段にいる男を指差して叫んだ。「おい、ノーマン・シーゲルさんよ!」

「私だよ!」シーゲルは答えた。

「シーゲルさん、私はアルフレッド・ディナッチだ。私はあなたと握手しなきゃならん。私はここから10ブロック(街区)のところに住んでいる。私はよくここを散歩していたんだ。なのに、締め出されちまったよ。理由を説明するべきなんじゃないのか?」

「セキュリティのためですよ。」シーゲルは答えた。

「そりゃ、都合のいい煙幕だろ。私しゃ、別に市民自由組合の味方じゃないぞ。保守的な人間なんだ。それでもここで止まらなければならんのかね。」

ディナッチは一呼吸おいてまたしゃべりはじめた。

「ありがたいこった。」

今や、「夜警時代(The era of Nightstick politics)」は崩壊を始めている。先週、AIDSのデモンストレーションの参加者が裁判で勝ち、シティ・ホール前の広場に入ったときからこの状態は始まった。昨日、市議会議員主催による「無届け集会」が開催されたが、この状態は同じである。

先週、市長は裁判所の決定に従わざるを得なくなった。彼は嫌々ながら、従ったのである。

市長は武装警官を数百人のエイズ・デモンストレーターの前に立たせた。市長は、来場者すべてを警察のビデオで撮影させた。警察のヘリコプターは頭上をずっと飛んでいた。そしてなんと、市長は狙撃手を建物の上に配置したのである。これは、市長の政治家としての経歴で最も醜いことになった。彼らは、「アンチ・スナイパー・スナイパー」と呼ばれた。

これは民主主義の核心に関わることである。恐怖と犯罪に対して戦うことを期待されている人々を、憲法違反の行動をするように駆り立てたのだから。

昨日の朝、約14人の市議会議員が、シティ・ホール前の階段に行き、ジュリアーニが警察官で封鎖した場所へといき、無許可で集会を開いた。シティ・ホール前の階段は、笑いに満ちあふれ、お互いの議論に耳を傾ける場所となった。今や、市議会議員でさえも、私たちの政府のしくみのために訴訟を起こすか考えるようになってしまった。

「これは安全に打撃を与えるものではなく、民主主義を守るためのものだ。」ロニー・エルドリッジは言った。「私は、選挙区の人々に、公聴会に来るよう呼びかけた。そしたら、その人たちはID(身分証明)を提示するように言われたのだ。」とマルゲリータ・ロペス。「もしIDがないなら立ち去るように、とまで言われたのだ。」

次に何かおきたら、間違いなく訴訟である。

「私はニューヨーク市の安全がより快適なものになったと感じている。連邦警察(FBI)と市警察を信頼したからだ。市議会議員のトム・ヂュアンかロニー・エルドリッジが言う以上にね。」とジュリアーニ市長は言っている。

市長はこの集会の最中に階段を降りてきて、薄笑いを浮かべながら急ぎ足で車にのり去っていった。

「おしゃべりな政治家どもより、決定に責任を持つ連邦警察や市警察の方が大切さ。」市長はこうも言った。

本当は、公衆の安全の責任は、連邦警察や市警察ではなく、公選された者が負っているのだ。市警察や連邦警察が私たちの安全を維持するために民主主義をさしとめた、なんて記録は全く残っていないのだ。このセキュリティに関する問題は、ディナッチが言ったように、煙幕にしか過ぎないのだ。夜警政治は警察力で威嚇するということのみを意味するのではない。これはまた、安っぽいフェンスの裏側で足の骨を折ってしまったことに対する批判さえ封じてしまうことなのだ。

昨冬、市役所の幹部が市議会の部屋にいき、公選された議員の前で、選挙区で、無線学校の課程を廃止する、と断言した。なぜか?その市議会議員が公聴会で厳しい質問をしたからである。

市政権は小児ぜん息対策を廃止した。それは、それを担当している医師が、市政権の方針に対して政治的に異議を申し立てたからである。

もう一人の市幹部が債券会社の面々を呼び付けた。そして彼らに、市民予算委員会(Citizens Budget Commission)にびた一文も渡すなと告げた。この市民予算委員会とは、市の税制や予算の使い道に対して、おだやかな批判を展開していた民間のシンクタンクである。

これらは、ゆがんだ小手先の戦術である。もしジュリアーニが検察官だったときに、運送会社が彼らにそのようなことをすれば、ジュリアーニは多分、ゆすりたかりの罪で起訴したことであろう。しかし「夜警国家」は違う方法でも作用する。ヤンキースやメッツに秘密裏にいくら市が使ったか知りたいか?多分、裁判所にいけば分かるであろう。窃盗を行って黙って金をためるのは面白いものだ。

市議会議員のメンバーは、本日と明日、もし秘密を壊したいのなら、登場すべきである。

★どのようにしてハーレムの学校が救われたか(Dec 14, 1998, Daily News)

Karen Hunter記者>

ニューヨーク市の教育が大きな問題となっていることは明らかである。

各学年で要求される読解能力が、水準に達している児童生徒の数はますます少なくなっている。悪い教育によってだめにされるのは生徒たちである。そしてそのほとんどは黒人とヒスパニックの子どもたちであり、能力を活かされない状態が続いていた。

彼らの教育に失敗した原因は、お金の不足ではない。教育委員会の予算は年間90億ドルもあるのだ。全ては気力の問題である。

ダニエル・ローズと彼の妻。ジョアンナはこの気力を備えている。彼らは市内で一番悪かった学校を、最も良い学校へと変えたのだ。

1991年、ローズ夫妻は新聞を読んでいて、市全体の成績表を目にした。成績表の最後が、第76公立学校であった。この学校では、読解能力が水準に達している生徒は、わずか9%であった。

「私たちはぎょっとしました。そして、私たちにも何かできることがある、と考えたのです。」不動産業を営む、博愛主義者、ローズはこのように語った。

ローズ夫妻は、ハーレム教育活動基金(Harlem Educational Activities Fund; HEAF)1989年に作った。このHEAFは、放課後の補習プログラムを提供するためのものである。彼らは、第76公立学校にこのプログラムを拡大したかった。

ローズはHEAFのメンバーを、この学校の校長、バーバラ・ジルと面会させるために送った。バーバラは「神の使いでした」と当時の様子を語っている。

最初の仕事は、予算削減の犠牲となった図書館を再開することであった。長年閉鎖されていたために、最新の図書でさえ、1980年に購入されたものであった。

コロンビア大学から図書館のニーズを把握するために専門家が送られた。HEAFは生徒とスタッフにとって必要な推薦図書、雑誌、記事などをそろえた。

「図書室は学校の中心なのです」ジルは語った。ジルは数年後に司書を連れてきた。 HEAFを通して、バンタム/ダブルデーという団体も数千冊の図書を寄贈してきた。

同じ年に、HEAFReading Theaterというプログラムを開始した。これは人形劇と手品ショーを通して、読み方を習うことのできるプログラムである。ここで使われる素材は、普段の授業でつかわれるものと関係のあるものばかりである。

「私たちはチームです。一緒に働くなかで、子どもたちがいかに学んでいるかを実感することができるのです。

ビンセント・ナイトはHEAFがこの学校に登場したときは第一学年であった。今は、彼は模範生となり、この地域のAlternative Schoolに通っている。「HEAFは僕により読む機会を与えてくれました。そして、僕は初めて読むことが楽しくなったのです。僕たちは僕たちの本を持っています。自分たちの名前を書いた本です。これがどのくらい僕たちを刺激したことか。僕は大学に行きたいです。絵を描くことが好きで、建築家になることを考えています。」

ローズはこうも言う。「誰しもが授業方法やコンピューターなどの小道具の重要性を強調しますが....私たちは、学ぶ方法に注目するのです。子どもの立場に立って考えるのです。それは学校の授業ではありません。しかし、教育をリードしていくもので、稼ぎはありませんが、満足し、生産的で、達成感の得られることなのです。」

劇的な変化が起こった。第76公立学校の成績は、1回下がったことを除けば、1991年から着実にあがり続けた。今日、読解能力が水準以上に達している児童生徒は全体の75%を超えた。数学では91%である。これは市内で最も高いスコアである。

先月、第76公立学校はハーレムの中で唯一、観察登録校(Schools Under Registration Review)のリストから外された学校となった。HEAFはまた、チェスのプログラムも実施している。HEAFはまた、学校を立て直すために数百万ドルもかけたりしない。大学者も必要としていない。ただ、わずかな熱心な人たちと、校長先生が取り組んだだけである。ただし、この人たちは、生徒を救うために新しいことを始めることを恐れなかった。

皮肉なことに、教育委員会はHEAFの活動を認めていない。なぜですか?

★地下鉄内の犯罪減少(Dec 16, 1998, Daily News)

地下鉄内での犯罪が昨年にくらべ24%減少したとニューヨーク市警が発表した。これは無賃乗車や他の小さな犯罪を厳しくとりしまったためと市警は考えている。

殺人事件はたった1件。これはブルックリン駅にまで後をつけてきた、仲たがいしている夫に、女性が撃ち殺された事件である。昨年は4件の殺人事件があった。

全部で1451件の犯罪が起こっているが、重大犯罪は減少している。ただ、レイプだけは増加している。

警察幹部は昨日、地下鉄の改札を飛び越えたり、喫煙したり、小便したりといった小さな犯罪を減らそうという努力が実ったと言った。「地下鉄内の犯罪のほとんどは料金を払えない人によるものです。私たちは、改札でそれを食い止めています。」ニューヨーク市警鉄道部のアシスタント・チーフのジョージ・ブラウンは語っている。

また、犯罪数減少には、乗客数の大幅な増加も影響していると考えられている。こみあった車内やプラットホームでは、強盗やレイプなど、犠牲者の出るような犯罪を行うことは難しい。「地下鉄で一人になることは、明らかにすくなくなりました。乗客が増加し、犯罪の犠牲者も少なくなりました。」とは、ニューヨーク・トランジット・ライダーズ・カウンシルの議長、アンドルー・アルバート氏。

10年前と比べると、犯罪数の減少は驚異的である。10年前は13700件の重大犯罪が起こっていた。

1件 (4件)

レイプ 14 (2件)

1723(2097)

386 (465)

2304(3297)

15 (29)

4443(5894)

*カッコ内は、1997年の件数。

★テナントが建物を救った(Jan 7, 1999, The New York Times)

1989年、ブルックリン(Brooklyn)のブッシュウィック(Bushwick)にある3階建ての建物には、ねずみやごきぶりがうじゃうじゃいて、多くの居住者は苛立っていた。

彼らとその弁護人は、不在の大家が建物を荒れるにまかせ、危険な状態に放置していると主張した。「大家は、貸して、貸して、貸して、貸しまくりたいんですよ。そのくせ、修理なんかまったくしなかったんですよ。」と、このアパートの2階に住む薬剤師のルエダさんは語っている。

暖房はしばしばとまり、蛇口からお湯が出ることはほとんどない。正面玄関ドアの鍵は閉まらない。どころか、この前まで、正面玄関のドアは壊されたままでなかったのだ。居住者はしばしば1階のホールや部屋で強盗にあったりした。ニューヨーク市住宅局は、183もの法令違反個所を1987年に発見している。

多くの居住者は、何年も住んでいたが、お金がないので、ほかに移ることもできなかった。1990年、居住者は、テナント組合を結成し、家賃不払い(rent strike)を始めた。彼らは月525ドルから550ドルの家賃を組合の口座に積み立て始めた。そしてこのなかから、応急修理などを行うお金を捻出した。これは1995年まで続いた。1995年、この建物の所有権は新しい大家に移ったが、彼は居住者に立ち退きを迫った。

居住者はこれを拒絶した。そして、ローンを組んで、建物を買うことを決めた。彼らにはごくわずかのお金しかなく、担保物件にできるようなものもなかったが、彼らの家をよくしようとする素晴らしい情熱はあふれんばかりであった。

しかしこの計画を実行に移すには、助けが必要であった。マンハッタン所有権移転計画(Ownership Transfer Project in Manhattan)の専門家に対して、協力を要請した。この計画は、ニューヨーク・コミュニティ・サービス協会(Community Service Society of New York)と、ニューヨークタイムス・ニーディエスト・ケース基金(New York Times Neediest Cases Fund)によって運営されている。この計画により、過去8年間、ニューヨーク市内の59の建物が改修されたり、低所得者が家を購入するための援助が行われてきた。

「私たちは多くのテナントグループと会い、感銘してきました。というのは、強い団結を通して、アパートがだめになるのを救おうと努力してきたのですから。」この計画を指揮しているシャーマン氏は語った。 しかしシャーマン氏によれば、いくつかの問題があった。この居住者たちは、建物を維持管理していくための経験が全くなかった。建物のローンを返済していくこととか、補修とか、不動産価格が上昇していくこととかに、対処していくことが求められていた。

彼らは、何回も会合を重ね、ついにシャーマン氏を口説き落とした。ブルックリン法律サービスの弁護士が協力することになった。住宅コーディネーターは彼らの家賃を、組合の口座に積み立て続けた。弁護士は新しい大家からの攻撃をかわし、シャーマン氏はニューヨーク市住宅局にローンの申請を行った。

交渉は遅々として進まなかったが、ついに成功した。1997年、最初に15万ドルであった価格を、6ヶ月後に6万ドルまで引き下げさせたのである。

1998年の3月29日、テナント組合は36万5千ドルの貸付金を受け取った。これは建物を買い取り、修復するために必要な額であった。「大抵は、所得の低い人々は家を所有する機会に恵まれません。しかし私たちはたたかいぬいて、ついに自分たちの財産を手にしたのです。」

建物を手に入れると、居住者たちの仕事はものすごく増えた。応急修理はやってきたが、今や全面補修が必要となったからだ。

彼らはマネージメントをする人を雇い、工事業者と契約した。新しい内壁が運び込まれ、床や天井も全部改装された。彼らはまた窓枠を買い、キッチンキャビネットや冷蔵庫、ストーブを買った。サンクスギビングデーの午後、新しいボイラーが組み込まれ、暖かい寝床がつくられ、暖かいお湯の出るシャワーが使えるようになった。

今日、このアパートの居住者は安全に住むことができるようになった。正面玄関のドアには鍵が取り付けられ、許可なしには入ることができなくなったのだ。

彼らの勝利を祝って、居住者は大晦日にパーティーを開いた。外出するかわりに、修復されたアパートのドアを開いた。音楽がホールには流れ、お互いに抱き合って祝福した。

モラレスさんは語った。「これが家の本来あるべき姿なのよ」

★ルディの復讐-----くだらない(Jan 8, 1999, Daily News)

#デイリー・ニュースに週1回掲載される、元市長、エド・コッチさんのコラムです。内容に対する賛否はあると思いますが、かなりの高齢でこの活躍ぶり。彼は依然としてニューヨーク市民から愛されているのを感じます。なんとなく、水戸黄門様みたいな感じですね。

私は、ホームレスに対して、何らかのシェルターを用意することが必要だと思う。私の市長の時代は、州の兵器庫を1000人収容できるシェルターとして利用することが、市内の住宅地のあちらこちらに小さなシェルターをつくるよりも好ましいと信じていた。ホームレスの擁護者の議論はあるが、シェルターは、各コミュニティにとっては重荷だと思う。そして、これらの多くの人々は、とても大きな問題で悩んでいる。

だから、私には、ジュリアーニ市長(ルディ)のこの問題に対する苛立ちがよく理解できるのだ。彼は、わずか200人までに収容人員を制限している州の規制を終わらせることができたのだ。法によって、市議会に、この制限を変えさせるようにすることだけによってである。にもかかわらず、市長の反応は実にくだらないものであった。とりわけ、市議会が現在ある200人以上のシェルターを利用し続けることについて審議されたときのことである。

より多くのベッドが必要なことに言及せずに、市長は、ブルックリン区の市議会議員、ステファン・ディブリエンザを罰しようとしたのである。彼は、人数規制のスポンサーである。だが、どうやって?ディブリエンザの選挙区にある、毎日500人もの外来患者が訪れるメンタル・ヘルスの医院をホームレスのシェルターに変えてしまおうとしたのである。

ジュリアーニは、彼を正当化するために、次のように言った。「シェルターの収容人員に制限が必要だと考えている人々は、そのコミュニティの考えを反映している。市全体ではないが、こういった感じはそうしたコミュニティにあるのだと思う。」

これは、器量の狭い、復讐心に燃え上がった態度だ。そして、まったくくだらないことだ。ホームレスのためのシェルターに反対するコミュニティーの施設だとしても、それは心の健康を害した人たちのための外来医院なのだ。なぜ、移転させなければならないだけのことを、廃止までしなければならないのだ?

新しい医院まで通わなければならなくなったり、治療が中断されたら、これらの患者の身に何が起こるか。多くの人々は、また悪い状態に戻ってしまうだろう。また、彼らが安定のための投薬をやめたりしてしまったら、どうなるのだろう?

これは大変な問題だ。さらに悪いことには、日曜日に起こった、地下鉄のプラットホームで、メンタルな問題を持った人が女性を後ろから突き落として死なせてしまった悲しい事件の問題がある。

昨年末のシティ・ホールでの記者会見上、記者が現政権の性格を「貧弱でけち」としたとき、市長は猛烈に怒って次のように言った。

「それは侮辱的な質問だよ!新年おめでとう!最初のはじまりからそうした受け取りかたはあったよ!君が何か書き続けても、僕は君のことを「この野郎(darn)」とは言わないよ。(I really don't give a darn.)。もし、人々が僕の性格を好きならば、ありがとうを言う。でも、好きじゃなくても、別に全く気にしないさ。」

彼の言葉を吟味してみよう。普通の人が、自分のことがどう見られているかを気にしないだろうか?もし市長が、尊敬される人と好かれる人とどちらになりたいかと聞かれて、前者を選ぶ、と答えたら、誰も彼を非難できなかったろう。しかし彼は、「全く気にしないよ。」と言った。

彼は、明らかには「こん畜生!(damn)」とは言わなかった。この言葉は明らかに人を侮辱する言葉である。しかしそのかわり彼は"darn"と言ってしまった。

正常な会話で"darn"なんて言うなんて信じられるか?

だから、市長は実は気にしているのだ。しかし彼は彼自身のことで一杯で、市長としての彼の権力は敵をやっつけることを求めるためのもの。多分彼は子どものとき、昆虫の羽をむしっていたのだろう。

市議会に頼らずにいくことはできない。市の予算に対する拒否権だってある。予算は、市の組織や職員にとってどんなお金の使い方が適当か、決定するものなのだ。ディブリエンザ議員は懲罰の対象となるかもしれない。しかし、市長よ、君はその結果を分かっているのかい?ジュリアーニの「この野郎とはいわないよ」に返したい。「ちぇっ!(Shoot!)

(注)

darn とは、damn の婉曲な表現です。しかしどちらも下品な言葉だとされています。翻訳するのは困難です。

ShootとはShitの婉曲な表現です。意味は「ちぇっ」とかそんな感じです。違いを日本語で表現するのはこれも難しいですね。ここでは、コッチ元市長のジュリアーニ市長への皮肉として使っているのですね。婉曲な下品な言葉に対して、婉曲に下品な言葉を返しているのでしょう。

★辛辣な年、経済で決まるジュリアーニ市長の評価(Jan 14, 1999, The New York Times)

#最近、ジュリアーニ市長に対する厳しい記事が目につきます。これもその一つ。

ジュリアーニ市長は昨年1月に、2期目の仕事を始めた。彼は年頭の演説の中で、今まで達成した業績について振り返り、そしてより大胆な公約を行った。市長は、ニューヨーク市民に、一人ひとりが、この街をより素晴らしいものとしていくために、責任を負ってほしいと促した。

しかし、年末、市長はやや素晴らしさを欠くやり方で年を終えてしまった。市長のホームレス政策に反対する市議会議員の選挙区にホームレス・シェルターを設置すると脅かしてみたりすることなどだ。問題がどんなに具体的なことであれ、市長が市議会との関係で大きな陰を投げかけられてしまったことは確かである。

このようなことは、市長としてのジュリアーニ氏と、人間としてのジュリアーニ氏の特徴をよく反映している。今日、市長は今年の年頭演説をするが、政治学者や市政をモニターしている人々たちは、昨年の市長の業績の評価をする際に、誇張に影響されないように、と悩んでいる。

結局、市長は、ややえげつのない攻撃性を持つという彼の性格が引き起こしたいくつかの事柄でつまずいたのではないか、と言われている。また、第1期の成功に信頼を置きすぎているのではないかとも言われている。だがしかし、市長は犯罪の減少と経済の繁栄という2大問題については成功したのだとも評価されている。

「ルディ(市長の愛称)に対する判断基準は、勝ったか負けたかということではないんです。」Taub Urban Research Centerのミッチェル・モス氏は語った。「長期的にみれば、殺人事件の発生率は下がり続けています。そしてまた彼は、素晴らしい経済の状況からの大きな恵みにあずかっています。」

Cooper Unionの政治学者、フレッド・シーゲル氏は、市長は、これまでの成功を並べ立てているだけだ、と言っている。「何か新たな問題があった年というわけではない。」「だが、雇用は増大し続けている。物価上昇率は低い。犯罪も少なくなり続けている。人々と話してみれば、ニューヨーク市はうまくいっており、繁栄している、今は苦痛は感じないよ、といった返事が返ってくるだろう。」

しかしなお、昨年の市政をみると、いつも市長が勝利していたわけではない。たとえば、市長は市議会議長のピーター・ヴァロン氏を、シティ・ホールに協調的な雰囲気を作り出してくれたとして称えた。数ヶ月後、この2人は、ヤンキースタジアムの移転問題をめぐって、激しくやりあった。市長がマンハッタン西部に移転させようと提案したのに対し、議長はブロンクスに残すべきだと主張した。

この議論は、市の予算編成日程を無駄に費やすことになった。結局市議会は自分たちの予算案3400万ドルを通過させ、市長は(少なくとも今は)、マンハッタン・スタジアムのプランをひっこめることになった。

だが、市長も予想がつかなかっただろうが、市長も高く評価した1人の労働組合の指導者が、オフィスから去ろうとしている。37選挙区の市職員組合(最大の市職員の組合)の委員長、スタンリー・ヒル氏はジュリアーニ政権に肩入れをする協定に対する1996年の組合投票にまつわる疑惑への集中捜査のまっさなかに、辞任することとなった。

しかしいかなる理由があろうとも、市長は昨年の年頭演説での公約のうちいくつかは達成していない。家庭内暴力について彼は演説したが、事件件数は増大している。市長はまた、少年犯罪記録を公開するといったが、していない。また、市長は、学年を伸ばし、終身保障をなくそうとしたが、これらの野心的な事柄は実現していない。

だが、彼はいくつかの成功をしてきた。市長はニューヨーク市立大学の4年制カレッジでの補習授業に反対してきた。強い反対にあったが、市長は市内の学校の安全に責任をもって、警察官を学校内に導入した。彼はまた麻薬取締まりにも多くの力を注いできたのである。

雑誌City Journal(マンハッタン・インスティチュートが発行する保守的な論調の雑誌)の編集者、マイロン・マグネット氏は、ジュリアーニ市長は1998年、よくやったと評価している。彼は生活保護受給を40万人分減らしたことをあげ、労働保険の重要性を指摘している。

「とてもはっきりしています。市長が示してきたことの一つに、不可能に見えることでもやる気を持てば、一晩でできるかもしれない、ということがあります。犯罪を減らしたように。」

Public Advocateのマーク・グリーン氏は、「ジュリアーニ市長は、犯罪減少の面では信用に値する人物だ。そして、観光ブームや雇用の増大という面でもね。」彼はしかし、今日の市長が行う予定の演説の内容を予言した。「1998年の良いニュースだけについての上っ面だけの(pan-glossian)分析だろう。課題とかには触れないでね。」

彼はまた、市長の失敗は、Citizen's Budget Commisionなどの市民団体をみくびったことだとも言った。その他にも、多くのベンダーの数を減らそうとしたり、警察の暴力に対する訴訟、そしてメディケイド資格者に対するアクセスの遅れやフードスタンプの遅配なども指摘した。

グリーン氏は、またジュリアーニ市長の経営スタイルについても言及した。「1998年、市長はやや退屈な問題に関わっていた。それらの全ての問題に対し、次のように臨んだのさ。「市民でいるの?それとも君の近所にホームレスのシェルターを設置しようか?」という感じでね。」

最近ジュリアーニ氏は、どんな市長についても長い間記憶にとどめられるのはなにか、ということに気づいたようだ。「もしNY市が立ち行かなければ、私は市長が嫌いになるだろう。私が彼を好きであろうと嫌いであるとにかかわらず、私は彼を市長にはしたくないだろう。もしNY市がうまく立ち行けば、そして私や子どもたちの生活がうまくいけば、市長のことが好きか嫌いかなんて関係なくなるね。(そのときは)彼はよい市長なのだから。」

★ルディ、スポーツ施設を提案(Jan 15, 1999, Daily News)

#ジュリアーニ市長は、年頭の施政演説の中で、ニューヨーク・ジェッツの本拠地のフットボール・スタジアムを建設しようと提案しました。

ジュリアーニ市長の夢である、マンハッタン、ウェストサイドにスポーツ施設、コンベンション施設を建設は、政治的、財政的な問題に直面していると専門家は指摘している。

開発の核心となるフットボールチームを見つけるという問題があるのだ。

ジュリアーニは、ジェッツ(New York Jets)を誘致することを示唆した。しかし、メドウランド(Meadowlands)に本拠地を持つジェッツは、契約で、2008年までメドウランドにいることになっている。

「ここ5年間、ジュリアーニのスタジアム建設は何一つ進展していない」とメドウランドの広報担当、ジョン・サマジャンは語った。しかも、もしジェッツが移転することになった場合、市がいくら払わなければならないかも明らかになっていない。500万ドルを超える金額となるかもしれない、とされているが。

市長は、商業用不動産賃貸税で財源はまかなえるとしている。新スタジアムは、ジェイコブ・ジャビッツ・コンベンション・センターに接するところへと予定されている。しかし専門家は、新たなお金がこの地域に流入するとは思えない、としている。

市長が発表した構想図です。右側のマディソン・スクエア・ガーデンも、西側にあわせて移転しようという構想になっています。<写真、デイリー・ニュース>

 

★ニューヨーク市のごみは混ぜこぜの袋だ(Jan 25,1999, Daily News)

#ニューヨーク市で発生するごみは、他の州でも埋め立てられていますが、深刻さを増しているようです。

オハイオ(Ohio)州、ウェィンズバーグ(Waynesburg)の住民は、ニューヨーク市のごみの埋立処分場を提供することによって得られる65万ドルに感謝している。古くなった市役所と、道路を補修する財源となるためである。

しかしこれまでのところ、この感謝の念も限られたものになっている。

「もうたくさんだ。ここはニューヨークみたいに臭いんだ」とローカル・トラスティ・ボードの議長であるブルース・ワイスバーン氏は言った。

こうした感情は、ヴァージニア州(Virginia)、アメリア(Amelia)でも同じように流れている。ここではブロンクスから持ち込まれるごみが、約8000平方フィートの図書館建設と道路補修の財源となっているのだ。

アメリア監視委員会のテイラー・ハーヴェィ氏は「ごみが多く持ち込まれるほど、問題は増えるんです。だれしもご近所の人はよくご存知でしょう。ご近所の人と一緒の方がここちよいですよね。ニューヨーク市に知り合いなんていないんですから。」

2001年に迫っているフレッシュ・キルズの閉鎖に伴い、ジュリアーニ市政は毎日13000トン発生するごみの処分場所を探している。しかし、輸送や政治、住民との関係などのさまざまな問題が山積しているのだ。

最近の、ニュージャージー、ヴァージニアへのごみ輸出をめぐるジュリアーニ市長の発言は、ニュージャージー州知事ホイットマン氏と、ヴァージニア州知事ギルモア氏の感情を逆なでしている。彼らはニューヨーク氏のごみ箱として自分の州が使われることに反対している。

「自分が住んでいる場所を、世界のごみの首都、なんて呼ばれることに賛成する人なんていないでしょ」とWaste Newsの編集人、ボブ・ブラウン氏は言っている。

ニューヨーク市は、ウェスト・マネージメント(Waste Management)とリパブリック・サービス・グループ(Republic Service Group)の2社と、ごみの輸送会社として契約している。この2社は、ニューヨーク市のごみのうち、1日約5000トンを輸送している。そのほとんどは、ほとんどがヴァージニア州にもちこまれている。ごくわずかな量だけが、ペンシルバニアの埋立処分場と、ニューアーク(New Ark)とピークスキル (Peekskill)の焼却場へと運ばれている。

しかし何人かの役人が搬入によるトラック公害に反対しているほかは、大部分がごみの搬入を歓迎している。

「隣接するデラウェア州からのごみの悪臭をかぐたびに、お金の臭いがするって言っているんですよ」とペンシルバニア州、トゥリータウン(Tullytown)の職員、ベス・ピローリ(Beth Pirolli)氏は語っている。このトゥリータウンでは、ニューヨーク州からのごみはごくわずかしか埋め立てられていない。

ピローリ氏は、トゥリータウンでは年間500万ドルを地元のごみ埋立手数料として収入としていると語っている。この収入によって、新しい市庁舎と2200人の住民のための歩道の改修を行った。

ニューヨーク市からのごみの受入による歳入によって、ヴァージニア州のチャールズ・シティ(Charles City)では、税金を低くして、警察官に付加的な給与を支払い、新しい学校を建設した。「私たちはごみがどこのごみかなんて気にしませんよ。ニューヨークのごみだろうとどこのごみだろうと臭いは同じですからね。」と、ご当地のカウンティ・ボードのフロイド・マイルス氏(Floyd Miles)は語っている。

ヴァージニア州のサセックス・カウンティ(Sussex County)では、郊外の地域に所得の低い地域があり、そこではニューヨーク市からのごみが1500万ドルの高等学校と400万ドルの裁判所の建設の財源となっている。77歳になる、カウンティ・ボードのジョニー・ウェストブック氏(Johnny Westbook)は、「ニューヨークからのごみは、財源となっている」と語っている。「そうでもしなければ、税金がものすごく高くなって、農民はみんな収入を失ってしまうだろう。」

ジュリアーニ市長は、ニューヨーク市は文化やビジネスの機会を生み出しているのだから、ごみの受け入れ州はニューヨーク市からのごみ問題に協力すべきだと発言しての、ヴァージニア州の役人を激怒させた。

チャールズ・シティのレストラン「ホワイトハウス」の経営者、デビッド・ナピエ(David Napier)氏は、ジュリアーニ市長は発言に気をつけるべきだと言っている。「私は、もっとごみを持ってきてもいいよ、と市長に伝えたい。でもね、感謝の気持ちだって必要なんだよ。」

 

★ブルクッリン・ブリッジの補修(Feb 4,1999, Daily News)

#マンハッタン南部とブルックリンに架かるこの橋の運命やいかに・・・・

ブルックリン・ブリッジの路面は、ぼろぼろで川に落下しそうになっている。このため、市は緊急の補修を橋の全長にわたり行わなければならないと、有力筋がデイリー・ニュースに語った。

いくつかの部分で、橋の検査官はコンクリートの小さな破片が橋の鋼鉄の帯の部分から落下しているのを発見した。これは橋のデッキが老朽化しているためである。

6ヶ月と3350万ドルをかけて4月に開始されるこのプロジェクトは、橋を利用する数千のドライバーにとっては悪夢である。工事は午後11時から午前6時、日曜日から木曜日にかけて行われるとしても、である。

工事の時間帯は、ドライバーはマンハッタンへ行くのに、この築115年のランドマークとなっている橋を使うことができない。

市の交通局コミッショナー、ウィルバー・チャップマン(Wilbur Chapman)氏は、橋には構造的な問題があると断言した。しかし、週末の通行可能の時間帯に毎日13万のドライバーが利用することには何の危険もないとも言っている。

彼は、市幹部はこの緊急工事をできるだけ早く完了させると決定したとも言っている。「経過した年数と激しい交通量のため、緊急の工事契約を結ぶことに決めました。」

この工事に詳しい有力筋は、問題は昨年6月、検査官が路面補修のためにはがされたアスファルトを点検したときに発見したと伝えている。

橋のデッキは、鋼鉄の網で作られ、間にコンクリートがつめられている。一部のコンクリートは、すでにはがれはじめているとも言われている。

技術者は、昨夏、路面補修を早めに完了させ、防水工事を省略した。そして、デッキ交換のための工事のプランを作成したのである。

  Construction  Facts

    Cost of Redecking   $33.5 mil

    Completion          October 1999

    Last Redecking      1954

    Date Opened         5/24/1883

    Length of Construction  16yrs

★アメリカ移民帰化局のハードル〜適用されにくい市民権有資格者への義務免除〜(Feb 18, 1999, The New York Times)

#移民の人たちがものすごく多いアメリカならではの問題です。「人種のるつぼ」といわれ、国家としての統合の象徴が、星条旗と英語しかない、といわれていますから、大変なんですね。

ミハイル・コルチャンスキーさんは、今月で80歳になる。彼のように旧ソ連の軍隊経験者あるいは労働者で、この年齢に達する人はそう多くない。親戚からは多くのカードやプレゼントが送られた。けれども、彼は、最も切望する贈り物を受け取ることはできなかった。それはアメリカの市民権である。連邦政府は、彼が1992年にウクライナからきたときに、難民として認定した。

彼は市民権を得るように努力してきた。だが彼は健康を損ねている。ブルックリンに引っ越してきたときから、心臓病をわずらっているのだ。そして、コルチャンスキーさんは昼間に英語の単語をいくつか勉強するのだが、夕方には忘れてしまう。

「私は、今アメリカに住んでいることをいかに誇りにしているかわかってもらいたいんですよ。」「私は孫たちの前で、孫と同じようにアメリカの市民であるところをみせたいんです」彼はロシア語で語ってくれた。

しかし、移民帰化局で面接をうけたとき、娘のリュボフ・ミキチャンスカヤさんは移民帰化局の職員に「あなたのお父さんは、この国の市民たりえないですね。」と言われたという。

数千人にものぼる、身体的あるいは精神的な障害を持つ人々は、本来、帰化に際しての手続きで、英語実力テストと「公民(civics)」の科目は試験から除かれているはずなのだ。しかしコルチャンスキーさんはこれを移民帰化局から拒否された。

1994年の法律では、移民帰化局は、アルツハイマーの症状、知的発達障害、打撲による神経障害のある人々に対して配慮しなければならない、とされている。そして医師は、彼らが英語試験と公民試験に合格するだけの知識を持ち続けることができないことを証明しなければならない、とされている。

しかし、(法律の施行の)最初の時点から、この試験免除は、移民帰化局と移民の人々との間での論争のもととなっている。移民帰化局の認識では、この条項は、(義務ではなく)局の判断で、場合によってはそうすることができる、というものである。局は、いかにうまく管理するかを決めている過程にあり、窓口の職員は、往々にして、偽ろうとする移民を発見することに情熱を燃やしてしまうことがあるのだ、とも認識している。

ニューヨークでは、コルチャンスキーさんのような例はよくあることだ。ニューヨーク移民連盟(New York Immigration Coalition)の弁護士によれば、移民帰化局の職員が78歳になるスペイン語を話す申請者に対して「この国では英語を使っている。なのに、あなたのように安易な方法をとろうとする人がいつも何人かいるんだ。」と言われたケースがあるという。

また、ほかのロシア出身の女性は、英語と公民の試験の免除を願い出たが、職員から「ロシア人ではなくて、本物の医師を探してからいらっしゃい」と言われた例もあるという。

★ニューヨークMTA(Metro Transit Authority)100万人の乗客増加〜(Feb 19, 1999, Daily News)

地下鉄とバスの延べ乗客数は2年前と比べ、1日あたり100万人増加し、ここ30年間では最高記録となった。

過去数十年、めちゃめちゃな場所として無視されてきた市の公共交通機関は、世界で最も偉大な復活を果たした、と交通専門家は言っている。

有頂天になっているMTAの幹部は、このブームは、メトロカードの割引制度や、犯罪発生の大幅な減少、運休や遅れの減少がもたらしたものだと信じている。MTA相殺のローレンス・ロイター氏は「お客さんは思いを込めて支持してくれたのですね。より安全になったと感じ、そして前に比べてより信頼できる交通機関とみなしていただいたのでしょう。」と語っている。

MTAの報告によれば、199812月のウィークデーのデータでは延べ1日約620万人が地下鉄とバスを利用している。これは、199612月の520万人に比べて約100万人多い。さらに、報告では、乗客数は順調に増加してきたことが示され、1997年の576万人と比べても増加している。

「ニューヨークでこんなことになるなんて誰も想像してなかったでしょう。」とはNニューヨーク交通利用者協議会のプランナー、マイケル・ドイル氏の弁である。

(なお、2003年には、電磁システムによって、列車の到着時刻まであと何分かを知らせる電光掲示板の導入もされるかもしれないとの予測もされている)

(訳者注:現在、売れに売れている、メトロカード。地下鉄とバスで使えます。地下鉄の改札のスリットなどで読み込むごとに1.5ドルごと引かれていきます。残がなくなりますと、トークン・ブースといわれる窓口で追加します。カード自体は1年ちょっと使えますので、日本のプリペイド・カードのようにすぐに使い捨てる、というわけではありません。なお、今度、この自動販売機が設置されました。だんだん便利になりますね。

★郊外へのスプロールの余地はまだ豊富にある〜(Feb 22, 1999, The New York Times, by John Tierney)

New York Timesでは珍しい民主党批判の記事。

都市の不規則な拡大(sprawl)は政治の熱い争点となってきた。そして、ニューヨーカーには、この問題について個人的な見解を表明することは難しかった。数十年にわたって、郊外は家に必要なスペースを求めて流入してくる人々を歓迎してきた。今、彼らは中流階級の危機にあり、そしてスペースをまた必要としているという。このことは今までいわれてきたことだったろうか?

しかし、それほど過敏になるべきではない。郊外居住者たちは誤った情報を与えられている。彼らは、アル・ゴア副大統領や他の政治家達からの、2つの警告に混乱させられてきたのだ。

まず第一はとてつもない面積が開発されてきた、という主張だ。これは間違っている。第二に、郊外開発の結果は人間の幸福になんら寄与しなかったという主張。これはある点では本当であるが、(彼らによって)提唱されてきた改革は、事態を悪化させているだけだ。

最近改訂された「消えた農場(Vanishing Farmland)」という著書は、今世紀末にはアメリカは食料を自給できなくなる、という警告を内容としている。この本は、アメリカ農業省からの、開発によって消えた農地を過度に見込みすぎている報告書によって始まっている(それは後に否定されたが)。

消滅した農地の大部分はブルドーザーによって破壊されたのではない。その4分の3は、今でもオープン・スペースとして残っている。森林、余暇施設、そして公園などとしてある。この50年間、オープンスペースのうち、公園、郊外の野生動物保護区となった部分は、都市化した部分より多いのだ。

しかしながら、農業者は、農地を残すことにはとても上手になってきた。1950年代に比べ、耕作面積あたりの収穫は2倍になっている。しかし、この流れを、ゴア氏は無視し、もしこれ以上農地を犠牲にするならばアメリカは食料輸入国に転落すると言い続けてきた。

彼や他の指導者達は、1時間に50エーカーの農地が失われていると演説するのが好きだ。しかし実際には、このペースよりも現在はもっと緩やかだ。ロスの研究者であり、Reason Public Policy Instituteの都市経済学者であるサミュエル・スタンレーによれば、国土は1980年代の2倍、そして70年代の4倍の速度で開発がおこなわれているそうだ。

(しかし)この率は、アメリカのそれとまったくかわるところはない。1992年、スタンレー氏は、アメリカ国土の95.3%は、まだ手付かずのままで残されていると指摘した。もし、1992年から、1時間に50エーカーが消滅してきたとしても、まだ95.1%の国土が手付かずに残っていることになる。もっとも開発行為が行われてきたニュージャージーでさえ、3分の2の土地は手付かずだ。

「オープン・スペース・イニシアチブは問題解決を探るためのものだ。オープン・スペースの問題は、郊外では地域の問題で、州や連邦レベルでの投票や演説は必要としていない。ニュージャージー州北方のカウンティでは、必要なオープン・スペースを自分たちで決定できる。」とスタンレー氏は言っている。

公開地を留保していくためにはお金を投じなければならないことはさておき、ワシントンや州都にいる計画家たちは、「スマートな成長(smart growth)」というルールを広めようとしている。そして、クリントン政権は、これを「生存できるアジェンダ」、と呼び始めている。

100億ドルのプログラムを提案したときに、ゴア氏は「数十年にわたる誤った計画とまちがったコーディネートによる開発」を嘆いた。そして「計画は素晴らしい。そして、誰もが商業や個人の生活をはぐくむことのできるコミュニティを持っている」とも発言した。

しかし、郊外における開発をめぐる問題は、計画の欠如ではない。郊外では計画はもう十分にある。ワシントンからのお金がたくさん流れ込んでくることによって、高速道路が建設され、住居地域には単身者住宅1戸につき半エーカーの駐車場をつくらなければならない、とするゾーニング規則がある。

今、郊外は、拡散し、不毛の地になったと過度に思われている。今日の計画家たちは、住居や商用の混合の建築をおしつけようとしている。彼らはコンパクトで多様なコミュニティを、たとえば古いニューヨークのコミュニティや、ヴァーモントのビレッジ、そしてオハイオの小さなまちにあるようなコミュニティを望んでいるのだ。

だがしかし、これらの素晴らしいコミュニティに共通していることがある。これらのまちは、ワシントンや州都の都市計画家たちに、建設を妨げられることがなかった、ということだ。これらの都市が建設された時代には、地方政府の幹部や、建設家、住民は、外部の資金や、外部からの厳しい用途規制は必要とされなかったのである。

★警察官、非武装の青年に向けて41発の弾丸を発射〜(Feb 5, 1999, Daily News)

昨日、武器を携帯していないブロンクス在住の青年が、平服の警察官4人によって射殺された。弾丸は41発。ブロンクスの司法官は、この行為を犯罪として捜査を開始した。

西アフリカからの移民で、街角で商売を行っていた22歳のDiallo氏の死亡が確認された。彼の弾丸で傷んだ遺体は、サウンドヴューホィーラー街にある彼の家に安置された。彼の隣には、彼が身につけていたビーパー(注:ポケベルのこと)と財布が置かれた。

警察官のうち2人は、16発装填できる拳銃のカートリッジを撃ち尽くすまで射撃を辞めなかった。警察官のうち3人は、以前にも拳銃発射を行ったことがある。そしてそのうちの1人は、ハロウィンの時に1人が死亡した事件にも関わっていた。

午前零時45分に起こったこの事件に関わっていた4人の警察官のうち誰も報告をしていなかった。そして、事件の起こった建物のドアの外には、弾丸が飛び散ったままにされていた。

壁や内部のドアには弾痕が数十個残されていた。目撃者は誰もいない、と警察関係者は語っている。しかし、実際は多数の人(幾人かの警察官も含む)が昨日このアパートにはいた。ディアロ氏の死は、明らかなあやまちなのだ。

ディアロ氏のルームメイトであるKujabi氏は「警察は、これはミステイクだと話した」と語っている。警察の公式発表によると、4人の警察官は、ストリート・クライム・ユニットに配属され、レイプ事件の捜査をしていたとされている。

午前零時30分、警察官はディアロ氏の家の近くで氏に遭遇した。数分後、射撃が開始された。

「私たちには彼らが何を考えていたのか理解できない」とNYPD(ニューヨーク市警)の広報担当、マイケル・コリンズ氏は語っている。「4人全員、車から降りて、ディアロ氏に近づいていったのです」

多くの住民が、銃声を聞いて伏せたと言っている。ある住民は、窓の外で警察官が叫びながら銃を抜くのを見た。ほかの住民は警察官が帽子をうんざりしたように投げるのを目撃したと言っている。

「警察には、こんなにたくさんの銃弾を発射する理由なんかないだろう。説明が必要だ。これは問題となる。」

警察コミッショナー、Howard Safirは、「警察官が全てを正直に語るのを望む。しかし、私は今のところ情報をほとんど持っていないので、判断することは難しい。」

ジュリアーニ市長は今のところ、特にコメントをしていない。

*このあと、4人の警察官の行為が「事故」なのか、それとも「犯罪」なのかということをめぐって、事態は紛糾していく。41発の弾丸が発射され、そのうち19発の弾丸が命中して被害者が死亡したことについて、警察側の説明は苦しくなっている。特に、これまで、警察の厳しい職務質問に不快感を抱いてきた、アフリカン・アメリカンやラテン系民族のコミュニティからは厳しい批判の声が上がる。警察本部への抗議活動も繰り返しなされるようになる。そうしたさなか、起きたのが次の出来事である。

★前市長ディンキンズを含む14名、警察の射撃に抗議して逮捕される〜(March 16, 1999, The New York Times)

前市長デイビッド・ディンキンズ氏、下院議員チャールズ・ランゲル氏を含む14名が、昨日、Amadou Diallo氏の射殺事件に対する抗議のためにNYPD本部に赴き逮捕された。抗議にきた人たちは、抗議の意思を明らかにするために、不服従の行動をとった。ポリス・プラザ(NYPD本部の住所)には先週火曜日から抗議のために連日人がくるようになっている。先週火曜日は、黒人指導者で牧師のアル・シャープトン氏が12名の抗議者とともに座り込みを行った日である。

*ちなみに、市長経験者が、抗議活動に参加して逮捕されたのは史上初めてのこと。この数日後、オスカー授賞の女優、スーザン・サランドンも逮捕されている。また、元市長コッチ氏も、次の3月17日に抗議に赴くと発表していたが、不整脈のため入院してとりやめた。

この問題は、警察の問題のみならず、ジュリアーニ市長の強気の政治姿勢の問題として捉えられる向きもあるようだ。ニューヨークタイムスの世論調査によれば、就任以降初めて、不支持の割合が支持の割合を超えた。こうした批判の高まるなかにもかかわらず、4人の警察官の職務は停止されなかった。また、3月22日のオスカー授賞式に、警察コミッショナーが参加していたことで、マスコミの批判は一層高まっている。

★ニューヨークタイムス世論調査(ジュリアーニ不支持、支持を上回る)〜(March 16, 1999, The New York Times)

質問1ジュリアーニ市長のしごとを認めますか?

[Total] Yes42% No50%

[White] Yes62% No32% [Black] Yes15% No 74% [Hispanic] Yes39% No54%

質問2ジュリアーニ市長の犯罪取締まりの手法を認めますか?

[Total] Yes62% No30%

[White] Yes76% No18% [Black] Yes50% No 40% [Hispanic] Yes58% No33%

質問3 4年前と比べ、ニューヨークは

[Total] More Safe49% Same35% less Safe6%

[White] MS 63% S28% LS6% [Black]MS33% S47% LS16% [Hi] NS45% S34% LS18%

質問4 ニューヨーク市警は

[Total] Excellent or Good 43% Fair or Poor 54%

[White] EG 65% FP 33% [Black] EG 24% FP 74% [Hispanic] EG33% FP 65%

質問5市を安全にするためには、罪のない市民に面倒をかけることも必要か?

[Total] Yes 27% No 63%

[White] Yes 34% No 57% [Black] Yes 21% No 70% [Hispanic] Yes 22% No 67%

質問6警察によるマイノリティ・グループへの暴力は、

[Total] Widespread 43% Limited 49%

[White] W 24% L 68% [Black] W 63% L 29% [Hispanic] W 55% L 40%

質問7現在までの情報に基づいて判断すると、ディアロ氏の射殺は悲劇であり

[Total] そして警察の行動には弁解の余地がない 74%

しかし警察の行動は理解しうる 27%

[White] 余地なし 61% 理解しうる 27%

[Black] 余地なし 89% 理解しうる 6%

[Hispanic] 余地なし 81% 理解しうる 13%

*このアンケートは、3月8日から14日までの間に、414人の白人、257人の黒人、234人のヒスパニックのニューヨーク在住者を対象に、対面方式により行われた。言語は英語とスペイン語の両方である。

*なお、先日ブロンクス裁判所で始まった裁判では、4人の警察官は第二級殺人罪で起訴されている。4人は全員が無罪を主張している。

★ニューヨークの交通網、早朝の豪雨で完全マヒ〜(August 27, 1999, The New York Times)

☆8月26日早朝にニューヨーク市を襲った集中豪雨は、鉄道、道路網を各地で寸断し、市の交通網を大混乱に陥れました。以下はその記事の要点です。

ニューヨーク市北方のブロンクスで冠水し、全面ストップした近郊幹線鉄道、メトロノース鉄道(この電車は電力供給をいわゆる第三レールから行なっているため、軌道が冠水すると動けなくなります)

昨日1日じゅうずっと、ニューヨーク市民は代わりとなる通勤手段を求めてさまよった。数多くのウェストアッパーの住民はバスめがけて殺到したが、運転手に、ステップ乗車はできないよ、と乗車拒否された。タクシーを相乗りしたり、ごみ収集車に乗せてもらったり、他の人の車にヒッチハイクで乗せてもらう人の姿が相次いだ。

「地下鉄に乗ろうとしたけどだめ。タクシーも捉まらなかった。次のをねらってこうして待っているんだけど。」と、リチャード・ウィラードさんは記者に言った。彼は87丁目のスターバックコーヒーで少しe-mailを書いたのだが、そこからでは接続できないので、Internetに接続できる他のコーヒーショップにいかなければならないのだ。

他の人々も、座りながらバスが次々と通り過ぎていくのを見守っている。

地下鉄のNライン、Rライン(注:ブロードウェイの下を通っている地下鉄です)には人が殺到したが、電車はほとんど来ず、プラットホームには人があふれかえった。ホームには車から乗り換えようとする人がどんどん入り込み、人々は怒った。(注:こちらで電車の遅延などで人が怒るということはめったにないのですが)

リンダ・リチャードソンさんはある行政機関の職員である。彼女は毎日ニューアークからバスを使って毎日マンハッタンに通勤している。「約29000人が何も走らないところで、暑苦しい中に閉じ込められたようですね」「これから朝食を食べにいって、歩くことにします。それもできないようだったら、家に帰ります」

125本運行しているメトロノース鉄道の朝の電車のうち66本がグランド・セントラル駅に到着したところで、全て運休となった。

★雇用マーケットへの適応(ロワーイーストにおけるパソコン訓練)〜(October 20, 1999, The New York Times)

何世代にもわたり、マンハッタン島のロワーイーストにあるヘンリーストリートは移民が最初に立ち寄り、アメリカに適応するための学習を行なうところとなってきた。だから、ここにある教会の地下室で先月から、ガーナ、レバノン、香港、ブラジル出身の女性たちが生き抜いていくための新しい言語「パワーポイント」を学んでいると聞いても、さして驚くことはないのである。

彼女たちをとりまく状況は、しごと、失業、職探し、そして職業訓練の性格の変化を雄弁に物語っている。この教室に通っている10名の女性にはみなオフィスワーカーとしての職歴がある。彼女たちは、この好景気と失業率の低下のなかでも、もう数ヶ月もしごとをしていない。それぞれのストーリーは違うけれども、最後にはひとつのことがらにいきつく。それは、「テクノロジー」である。

先般倒産した大型スーパー「カルドア」のマネージャーであったマリー・セランさん(32歳)は、「仕事をさがしたいのだけれども、今はほとんどの仕事がコンピュータの知識を必要とするんですよ」と語っている。

雇う側は、単に「コンピュータに慣れる」ということだけを望んでいるのではない。「日々刻々と進歩する(up-to-the-minutes)」最新のソフトウェアのスキルを要求しつつある。この教室で一番若い23歳のシェロン・ミッキーさんは「この前の就職の面接でも、コンピュータについて聞かれたんです。WORD PERFECT90年版を勉強しました、って答えたら、(そのうち)電話します、っていわれました。」

こうしたことは、チャイナタウン・マンパワー・プロジェクトが何故生まれ、なぜ失業した人々に英語とコンピュータを含めたビジネス・スキルを教えているのかをよく説明してくれる。これらのプログラムは「ダウンサイジング」などによって失業した人々を対象に、連邦政府が費用を出し、市雇用局を通して実施されている成人向けの16のコンピュータプログラムに関するスキルを教えている。

この教室は「ニューヨークにしかない」質を備えている。ほかのどこで、6か国出身の生徒を相手に強い中国語なまりの英語でコンピュータについて教えたりしているだろうか。ソフトウェアの知識はなくとも、生徒たちの熱心さとプライド、そして強烈な個性もほかではみられないものである。

経済学者や労働関係の専門家は、彼女たちの体験はアメリカ全土の状況をよくあらわしており、現在そして将来、普遍的なこととなるだろうとしている。テクノロジーはすでにどこの職場にも拡大しているが、少なくとも半数の人々が、コンピュータを扱うカレッジを卒業していないとみられている。

連邦労働省が先月発行した報告書では、「ほとんどの労働者は数年以内に選んだ職場のなかで、さらに進んだコンピュータ関係の知識を必要とするようになるだろう」と予言している。

Back to the homepage